岩盤浴とサウナ

サウナ風呂(サウナぶろ)、または単にサウナとは、いわゆる湯を満たした浴槽はなく、温度が非常に高い部屋に裸で入ることによって、汗をかくお風呂。蒸し風呂のことです。
発汗の後、体を水で洗い流します。体の新陳代謝が良くなるという効能があり、フィンランド式などの乾式のものと、スチームバス、ミストサウナなど湿式のものがあります。
日本古来のかま風呂なども湿式サウナの一種です。
乾式の場合、室温は80〜100℃もありますが、乾燥しているために火傷を起こさずに済みます。
ただし、金属性の装身具を身につけたまま入ると、熱くなって危険です。
また、体調の良くない人や高血圧の人、小さな子供・老人なども入るべきではないです。
なぜなら急激な温度変化により体に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

岩盤浴とは、基本的にサウナの一種ですが、心地よい温度に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり、サウナ以上の発汗作用を得られる「お湯を使わないお風呂」の事を岩盤浴と言います。

岩盤浴とサウナとの違いは、サウナの場合、高温で皮膚面だけ温められますので、反射的に体内の一部の汗腺から汗がどっと噴き出し、血漿成分が濃いベタベタした汗がでます。一方、岩盤浴の場合は、遠赤外線で温められますので、比較的低い温度(40℃程度)でも、身体内部が温まり、脳の命令で、体中の汗腺からジワッーと汗が流れ出します。そのため、通常の汗に比べて血漿成分が薄いサラサラな汗になります。自分の汗を試しに舐めてみると、いつもより塩分が薄いことがわかります。


遠赤外線効果

岩盤浴の場合、鉱石板の下に設置された熱源が石を温め、石は遠赤外線を放出します。
この遠赤外線は人体の深くまで温熱を伝えますので、新陳代謝が促進し、発汗や排尿による体毒排泄作用があり、また体内に入った有害物質のために絶えず発生しているガン細胞もこの温熱に弱いため、ガン予防や再発防止効果が期待できます。

日常で汗をかく場合、皮膚面だけが温まり、体の芯まで温まることは稀です。ところが、遠赤外線は体内に深く浸透するため、皮膚面だけでなく体内および内臓まで均一に温めます。その結果、体中の血管を拡張させて、血液の循環を良好にします。そして、新鮮な酸素を体中の隅々の細胞に送り込むことで、新陳代謝を促進します。

遠赤外線が、皮脂腺を刺激することで、汗腺からでる汗とともに皮脂も分泌されます。皮脂は体内の有害金属と親和性が高いために、一緒に有害金属も排出してくれます。
また、遠赤外線の効果により体中が温められるので、体内毒素の排出において大きな役割を担う腎臓や胃腸の働きも活発にします。

岩盤浴で期待される健康効果

岩盤浴で期待される健康効果には、次のようなものがあります。

●冷え性の改善
●血液循環の改善
●自然治癒力の向上
●美肌効果(体内コラーゲンの合成)
●免疫力向上
●肩こりの改善
●ダイエット効果
●老化防止
●新陳代謝の促進
●便秘の緩和
●排毒効果(デトックス効果)
●ストレスの解消・軽減

上記の事柄が一般的に効果として口コミや体験談として語られていますが、岩盤浴の一番の特徴はサラサラ汗、よい汗をかけることです。
この汗をかくことこそが最も岩盤浴の健康効果と言えます。

なぜ、人は汗をかくことが大事なのでしょうか?

人間はうまく汗をかけないと、冷房病をはじめ、ホルモンバランスが崩れ、免疫力の低下、自律神経失調など様々な病気の原因となります。
ところが、現代人は汗をかきやすい人が減りつつあると言われています。
理由は、私たちの体が温度変化についていけなくなっていること。そう。夏は冷房、冬は暖房によって室温調節した環境で過ごす人が多いために、体の温度調節機能そのものが働かなくなっているのです。
そのため現代人は汗をかく必要がなく、汗がかきにくくなっています。

岩盤浴で汗をかく効果

人間の体には200万〜500万の汗腺がありますが、普段はその半分近くは休眠状態にあります。
人の汗の量は能動汗腺という休眠状態でない汗腺の数によって決まります。
人間の汗腺数は同じですが、この能動汗腺数は民族によって差があります。
もともと日本人はよく汗をかく民族でした。
高温多湿の環境に暮らす日本人は、たくさんの能動汗腺を持っていると言われています。
例えば、ロシア人は少ないが、インドネシア人では多いといった感じです。
それにもかかわらず、私たちの汗の量が減っているのは、生活環境が変化しているからで能動汗腺数は汗をかかない生活をしていると、数が増えず、汗をかきにくくなってしまいます。
さらに長年、汗をかかずにいると、能動汗腺の機能そのものが低下してしまいます。
このように、能動汗腺の機能低下が起こっている場合、汗をかくと、水分とともにミネラル分まで一緒に排出されてしまう、いわゆるベタベタ汗となってしまいます。
健康な汗腺はミネラル分を再吸収して血液中に戻すことができますが、弱った汗腺にはそれができません。
ベタベタ汗をかくとミネラル分が失われることにより、体の生理機能が狂い、体を重く感じる、疲れが残るなど体調不良を感じることがあります。
ところが、日ごろからしっかり汗をかいている人は、汗腺が十分に機能しています。
そのためミネラル分をしっかりと、ろ過し、水分のみを排出して、サラサラ汗を流すことができます。ニオイやベタつきも少なく、不快感を伴わないのがこの汗の特徴です。

では健康な汗をかくのにはどうしたらよいのでしょうか?

ここで岩盤浴に入ったときの汗のかき方を見てみましょう。
普通のサウナでは、まず皮膚の温度が急激に上がり、体の深部は冷たい状態で汗をかきます。つまり、体は温まっていないのです。
この場合、体は急激に汗をかき、体を冷やそうとするために汗を十分にろ過することができません。
一方、岩盤浴では、皮膚だけでなく、体の深部もほぼ同時に温まります。
これは石盤から「遠赤外線」と「マイナスイオン」が放出されているからです。岩盤浴の汗のかきかたの特徴は体の芯から温まるです。
岩盤浴でかく汗は、脳の温度センサーからの指令で、体の深部の温度をじっくりと調節するための汗です。
ゆっくりじっくり内部から温まるため、体の大切なミネラルが喪失されません。血漿の成分などがあまり含まれていない、水に近いサラサラ汗となります。
だから、入浴後にシャワーを浴びなくてもすっきりとしているのです。疲労感も残りません。
つまり、岩盤浴では健康的なサラサラ汗がかけるのです。岩盤浴は汗腺の機能が低下した現代人が、健康な汗をかける場所です。
さらに、それを習慣づけることによって弱った汗腺の機能を回復し、健康な汗をかきやすい体へ変化させることができると言えます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。